留学してから後悔したこと

語学を伸ばすために、海外に留学することは、以前と比べて徐々に留学に行く人数が減っているものの、まだまだ有効な方法として知られています。
やはり海外で言語を学んできた方と、日本国内で語学を学んだ方には一定の差があります。
もちろん個人の努力や才能とも関係しているので、日本で勉強した方が必ず海外留学をした人よりも言語的に劣っているというわけではありません。

しかし毎日外国語に触れて生活していた方と、国内で日本語に触れていた方では違いがあるのも当然でしょう。
では実際に留学した方は、どのような感想を持っているのでしょうか?
海外生活は夢のようなものというイメージを持っている方も多いようですが、実際に留学に行くとがっかりするという事も多いようです。

ではどのような理由でがっかり、もしくは後悔することがあるのでしょうか?
1つの原因は、ホームステイ先にがっかりしてしまうということがあるようです。
留学をする時には、Agentにホームステイ先を手配してもらうことになりますが、Agentを選び間違えると、留学時の滞在先に失望することが多いようです。